最近使用するASPの比重が変わってきた

1年ほど前までは、使用ASPとしてはリンクシェアがダントツでした。

8割から9割がリンクシェアで、残りは他ASP複数社で占める、といった感じです。


しかし現在は、リンクシェアとバリューコマースで半々といった割合になりつつあります。


ゴメンなさいね…。(汗)


基本義理人情を大切にする方なので、個人的にはリンクシェアを応援しています。

バリューコマース主体で作ったサイトで、売上げが好調なサイトにはリンクシェアのECさんを混ぜてみる、とかしています。


が。


そんなことが吹っ飛んでしまうほど、バリューコマースと一部ECさんには魅力があるのです。



1.商品データを申請前のサイト作成時から使用できる

バリューコマースのFAQ「広告を掲載しないとサイトが完成しないのですが。」にもあるように、アフィリエイトリンクの形さえ取らなければ、データを事前に使用することが出来るのです。

データでサイトを作るスタイルの私にとって、これはかなりのアドバンテージです。


サイト作成が凄く楽であり、無駄が無いですね。


リンクシェアの場合、審査が通らないと参照すら出来ません…。



2.商品データを使用出来るまでが凄く速い

バリューコマースの場合、サイトの申請→ECサイトの承認の2ステップで使用可能となります。

しかも自動認証のECさんが多いので、かなり速く使うことが出来ます。


しかしリンクシェアの場合、サイトの申請→マーチャンダイザーの申請→ECサイトの承認→ECサイトに対するデータ使用申請と手間と時間がかかり過ぎる…。(汗)

しかも却下となった日には、やる気も失せるというものですよ。



3.とあるECサイトのデータが優秀過ぎる

とにかく優秀で使い易い。

データの質が良いだけでなく、サイト自体がとても作り易い構造をしているため、サイト作成時間がとても短くて済みます。


やる気があまり無い日でも、これならばちょっとは進められます。(笑)



以上のように魅力が大き過ぎまして、段々とシフトしてしまっているのが現状です。

バリューコマースと個人的につながりはありませんので、思い入れ的にはゼロなのですが…。(笑)


逆を返せば上記はリンクシェアの改善点でもあり、飛躍する要素でもあると思いますので、検討いただければ…と思います。

機会があれば、営業さんとも話していきたいと思っていますよ。


頑張りましょう。


  • By ビーチくん, 2010 年 5 月 9 日 @ 1:21 PM

    リンクシェアの鬼と呼ばれたかもしれないハイラン様が!

  • By HIGH LANDER, 2010 年 5 月 9 日 @ 1:30 PM

    今やそれも昔の話ですが…。

    そもそも、そんな呼ばれ方はされていなかったけど。(笑)

Links to this Post