マッシュアップアワード6が始動したようです

どうやら、マッシュアップアワード6のサイトがオープンしたようですね。


マッシュアップアワードとは、Web APIを複数組み合わせて画期的なサービスを開発し、そのコンテストを行います。

最優秀賞は100万円、更にWeb業界にとってかなりの宣伝効果が望めます。


Web APIを使用してプログラミングをしている人間にとって、年に1回訪れるお祭りですね。(笑)


毎年楽しみにしています。



私の経験上、アフィリエイトを基盤としたサイトは受賞しませんね。

アフィリエイトが毛嫌いされているわけではなく、アフィリエイトを想定したアイデアはどうしても発想の範囲が狭くなりまして、他の奔放なアイデアのサイトに勝てないのです。


もし本気で受賞を狙うのであれば、なるべく縛られるような概念は、捨てた方が良い気がしました。


私が個人的に楽しみにしているのは、2つあります。


1つはWeb APIの一覧です。

使用可能なWeb APIが公開されるのですが、これがとてつもなく便利です。


Web APIを使ってプログラミングをしていると痛感するのですが、世の中にどんなAPIがあるのか?を知ることがとても重要です。

しかし、結構ヒッソリと運営しているものもあり、意外に知られていないAPIがゴロゴロあります。(笑)


このコンテストはかなりの知名度がある故に、集まるAPIの数も尋常ではありません。

使用可能なWeb API一覧は、Web APIのデータベースとなりうるのです。


私も毎回、「こんなサービスがあったのか…」と発見がありますよ。



2つ目は応募作品そのものですね。

受賞サイトのみでなく、応募されたサイトが全て公開されます。


そこに使われているアイデアやテクニックは、とても勉強になりますよ。

しかもデータとして、どのAPIが使用されているのかが判りますので、分析するのに役立ちます。



このように、マッシュアップアワードはコンテストに参加するだけでなく、様々な目的で有意義なものとなっています。

もしWeb APIに感心のある方は、ウォッチしてみると面白い発見があるかもしれませんね。


マッシュアップアワード6



  • By リーダー, 2010 年 8 月 18 日 @ 6:25 AM

    名前だけは聞いたことがあります。

    サイト、見てみます。

  • By HIGH LANDER, 2010 年 8 月 19 日 @ 8:09 PM

    まだコンテンツが未公開ばかりで楽しく無いですが、9月頃から面白くなってきます。

Links to this Post